日常

大学生よ、無駄な飲み会は断ろう。変な風潮に流されるな

2020/06/26

大学生よ、無駄な飲み会は断ろう。周りに流されるな

くわっくん
大学生って飲み会めちゃ多いよな。あれなんなん。

 

大学生になると、高校生まですることができなかった「飲み会」ができるようになります。

ようへい
20歳未満の場合は大学生でもお酒はダメだよ!

 

人によっては大学生活の割と中心に位置している飲み会。

 

でも、中には行くだけ無駄な飲み会もあります。

しかも無駄なのが割と多いイメージ。

 

本記事では現役大学生の筆者が自身の経験も交えて、大学生の飲み会の必要性について疑問を投げかけています。

 

本記事を読んで、飲み会の参加について一度考え直してみてください。

 

 

「大学生と言えば飲み会」という風潮

大学生が飲み会をしている画像

割とこれが諸悪の根源。笑

大前提として、大学生って本当に飲み会が好きですよね。

 

高校生までは遊びと言えばカラオケやゲーセン、ショッピングといった過ごし方が多かったはず。

 

ところが大学生になると、「遊ぼう」=「飲みに行こう」レベルで飲み会が増えます。笑

 

少し言い過ぎかもしれませんが、プライベートだけじゃなく、サークルやその他団体に所属している場合でも、ことある毎に飲み会は発生します。

 

しかし、本当に飲み会はそんなに大事なのでしょうか?

 

基本的に無駄な飲み会が多い

結論として、僕の経験上、大学生の飲み会は8割が無駄です。

 

くわっくん
5回に4回無駄やんけ。

 

そう、行って良かったと思えた飲み会は数えるくらいしかありませんでした。

 

ただただお酒を飲み、時には愛想笑いをしながら時間を浪費し、帰宅時は少し気持ち悪い。

こういった飲み会には何の意味もありません。

 

行きたくない時ははっきり断ろう

誘われた時に条件が微妙だな、と感じたらすぐに断るべきです。

本当に行きたい内容だったら即「行きたい!」って思えるはずですから。

 

そうしないと上で述べたような未来が待っていますよ、もう経験済みかもしれませんが。笑

 

事実、僕も過去は飲み会に適当に参加していた人間であり、後悔したことが何度もありました。

 

そしてあるタイミングを境に、飲み会への参加を慎重に決めるように。

 

なお、僕の場合は断っても全然問題ありませんでした。

周りに流されるのはもうやめましょう。

 

補足:お酒が強いことがステータスって本当?

大学生はお酒が飲めるとかっこいい、みたいな風潮も良くみられますが、全くそんなことはありません。

 

楽しく飲めるのが一番で、強い弱いは関係ありません。

大前提として、「お酒が強い=ステータス」みたいなコミュニティからは距離を置きましょう。

 

大学生が参加するべき飲み会とは

大学生が参加するべき飲み会とは

さて、冒頭から飲み会に対してマイナスな意見ばかりですが、もちろん全てが無駄と言っているわけではありません。

あなたが大学生活で失敗しないように、参加する意味のある場合も紹介しておきます。

 

普段関われないような人と話せる

ここでは、僕の経験談を紹介。

 

サークルでとても尊敬している先輩がいるのですが、その人とはプライベートで話せる機会がほぼありませんでした。

そこでサークルの打ち上げと称する飲み会に参加して、その人と仲良くなろうと思ったわけです。

 

結果的に話すことができ、しばらく後にはその先輩がサークル活動で使っていた大事な道具を譲ってもらえるくらいまで仲良くなれました。

 

このように、仲良くなりたい人と普段話しづらい、そもそも会う機会がない、、などという時に飲み会に参加するのは有効ですよ。

 

本当に仲の良い人とさらに絆を深められる

また、本当の仲良しでたまにする飲み会は心から楽しめます。

もしくは、長い間会っていなかった友達と久しぶりに会える時とか。

 

ようへい
この場合も必ずしも飲み会である必要はないけどね!

 

 

正直僕の経験上、大人数の飲み会の方が無駄だった率が圧倒的に高いです。笑

 

大学生が無駄な飲み会を断るとこうなる

飲み会を断っている恐竜の画像

さて、飲み会に対するあなたのイメージも少し変わってきたかもしれませんね。

ここでは無駄な飲み会を断ることで得られるもの、失うものについて見ていきます。

 

どれくらい節約になるのか

飲み会は一般的に一回につき3000〜5000円くらいかかります。

つまり一度断ると、数千円浮くわけですね。

 

今あなたは月に2回飲み会に参加していて、その内一回断ったとすると一年間でどのくらい節約できるでしょうか。

 

かんたんな計算ですね。

飲み会一回3000円だとしても、一年で36000円、四年間で144000円の節約。

人によってはもっと節約できるかもしれません。

 

くわっくん
Switch買えるやんけ、、

 

そう、ディズニーにだって何回も行けちゃいます。

このお金の価値以上の何かを飲み会で得ていると自信を持って言える場合でもない限り、参加を見直すことをおすすめします。

 

得られるものは節約だけじゃない

もちろん、飲み会に行かないことで得られるもはお金だけじゃありません。

お金よりも大事な「時間」も手に入ります。

 

飲み会自体は2〜3時間だったとしても、行き帰りの時間や二日酔いで次の日にほぼ何もできなかったなどとなると、相当な時間が失われます。

 

断ることでこれらの時間全てを好きなことに活用できるわけです。

 

ようへい
趣味や勉強に充てた方が有意義だね!

 

飲み会に行かないことで失うもの

それでは、逆に飲み会を断ることで何かを失うのでしょうか?

 

強いて言えば、誘ってきた人があなたのイメージを悪くする可能性があるってくらいです。

 

くわっくん
嫌われるのは勘弁だなあ。

 

ですが、はっきりと言います。

飲み会を断ったくらいで悪くなるような人間関係なんて、その程度のものですよ。

そんな人とは、この先関わる必要はないと思います。

 

くわっくん
辛口、、でもたしかにそうだな。

 

本当にあなたを大切だと思っている人なら、飲み会を断ったところで関係は悪くなりません。

 

そういう人たちとあなたがこれから出会えるor出会えていることがベストです。

 

大学生の無駄な飲み会は断るべき:まとめ

大学生の無駄な飲み会は断るべき:まとめ

いかがでしたか?

厳しい考え方かもしれませんが、飲み会は本当にちゃんと選ばないと大学生活を損してしまいます。

 

明日から、本当に行きたい飲み会以外は断る勇気を持ちましょう。

あなたが充実した大学生活を送ってくれることを願っています。

-日常

© 2020 YoheiPark